綾野剛の仮面ライダー、怪人役における衝撃の真相!共演NGを出された新垣結衣と仲良し説を検証

2013年に映画「夏の終わり」

で日本アカデミー賞

新人俳優賞を獲得し、

演技派俳優としての

地位を確立しつつある、

綾野剛の意外なルーツ、

そして新垣結衣との仲の

良さを調べてみました。

Sponsored Link

役者魂を植え付けられたデビュー作

綾野剛

1982年1月26日生まれ

身長180cm、血液型A型。

2003年、石田秀範監督の

テレビドラマ、

仮面ライダー555」にて

俳優デビューします。

正義の味方、仮面ライダー

でなく敵にあたる怪人、

スパイダーオルフェノク役

として起用されます。

このころになると、

「仮面ライダー」も

ストーリー性が大分進化して、

単純に正義の味方が、

絶対悪である敵を撃退する、

というものではく、

敵に当たる怪人は元々人間であり、

人を襲うことに葛藤があります。

最終的に主人公側につき、

命を落とす、という筋書きです。

このドラマにおいて、

綾野剛は俳優経験が0、

というのもありますが、

朝早くからおもちゃ

振り回して何なの?

セリフがあってれば

いいんでしょ?

役者という仕事自体を

完全になめていた

と振り返っています。

あるシーンを撮影する場面で、

30秒程度放映されるかどうか、

ですが23テイク撮り直させられ、

1時間20分かかったそうです。

この間、綾野剛も

恥をかかされ嫌で仕方がなかった

そうです。

しかし、23テイク目のオーケーが

22テイクと何が違ったか、

分からなかったんですが、

石田秀範監督が

満点でもないが、

赤点でもない

という趣旨を述べたとき、綾野剛は

役者への思いを強くしました。

 

23テイクにおける彼の解釈は、

監督は自分の心を折る

を意図していた。

つまり、

やりたくなかったら辞めろ

を伝えたかったのでは?

綾野剛は現在、石田監督に

凄く感謝しているそうです。

その後、

自身で台本図書館へ通い、

台本を読む➡映画を見る、

映画を見る➡英本を読む、

をひたすら繰り返しました。

2005年に小栗旬さん所属の

事務所に移籍し、

ブレイクするきっかけを

つくりました。

➡小栗旬の記事はこちらからどうぞ

Sponsored Link

新垣結衣と共演NGは本当?

新垣結衣

1988年6月11日生まれ

身長169cm、血液型A型。

2013年TBSドラマ、

「空飛ぶ広報室」で共演します。

ドラマ共演を通して、

綾野剛が新垣結衣に

一目惚れしたそうです。

アタックしまくりますが、

人見知りする新垣結衣が

事務所を通して共演NGを

出した、という説が有力です。

背景には、

この頃、新垣結衣のマンションに

錦戸亮が通っていることを

フライデーされ2014年まで、

交際関係がささやかれます。

それも原因の1つとして

考えられます。

➡新垣結衣の記事はこちらから

しかし2014年、

時間をおかずしてドラマ

「S-最後の経験-」で共演してます。

あので、共演NGは偽情報と

考えられ、逆に仲が良いのでは?

というエピソードもあります。

ドラマ共演者みんなで行ったのですが、

一緒に焼肉を食べてます、

そして新垣結衣が好きな食べ物を

質問された時、

綾野剛さんと

一緒に食べた牛タン

と答えてます。

写真からも普通に仲が良い、

と判断できます。

2人のプライベートでの目撃情報は

ありませんが、今後の展開によって

十分可能性は考えられます。

綾野剛は中学高校時代、

陸上競技をやって800Mで

岐阜県中学優勝したこともあります。

ベスト1分57秒71の好タイムです。

陸上経験者なら、

彼の中距離のスピードは

どれほどかわかると思います。

今後も幅広く活躍が期待される、

綾野剛の飛躍を願います。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

Sponsored Link

PAGE TOP